2011 12 << 01- 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2012 02
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【ストック用】ドラゴンタイプその1
2012/01/29(Sun)
今回はなんとなくですがドラゴンポケモンについて語ってみようと思います。
現環境でおおくのパーティに最低でも1匹はいるドラゴンタイプ。
それらのポケモンの紹介、タイプなどなどの説明や違いを説明できたらと。
基本的に呼ぶポケモンというのは後出しメインでたまに選出でも入っています。

381.gif
今の環境の中心にいるポケモンラティオス。
種族値:80-90-80-130-110-110
やはり眼鏡タイプ一致豪火力の流星群。これがとんでもないです。
また現環境では格闘ポケモンが多めにいるために格闘受けとしても優秀で
そのタイミングで流星群やトリック、身代わりを使用し起点を作ることもできる器用さも持っています。
他のドラゴンと違うところはやはりSの部分と格闘受けができること。
ドラゴンではトップクラスのSを誇っています。

メインウェポン:流星群
サブウェポン:竜の波動、サイコキネシス、サイコショック、雷、波乗り、めざめるパワー炎
補助技:トリック、光の壁、リフレクター、置き土産、身代わり、瞑想、寝言
アイテム:拘り眼鏡、命の珠、ドラゴンジュエル、拘りスカーフ、光の粘土、気合の襷、ハバンのみ
呼ぶポケモン:バンギラス、メタグロス、ハッサム、ナットレイ、ヒードラン、ラッキー、ハピナス

445.gif
そしてドラゴンタイプではラティオスと2強ということができるガブリアス。
種族値:108-130-95-80-85-102
このポケモンの強いところはラティオスとは違い逆鱗地震による抜き性能が高いところ。
流星群とは違い安心して連打ができる逆鱗地震というところ。
そして特性砂隠れ。これはもうチートレベルです。避け始めたらもう勝てません。
さらにこのポケモンは耐久も優秀です。無振りでもメタグロスのコメット→バレットを確定で耐えられます。
他のドラゴンとは違い砂パに強いドラゴンタイプとして考えるのがよいでしょう。

メインウェポン:逆鱗、地震
サブウェポン:ダブルチョップ、大文字、ストーンエッジ、ドラゴンダイブ、炎の牙
補助技:剣の舞、身代わり、毒々、寝言、ステルスロック、影分身
アイテム:拘りスカーフ、気合の襷、拘りハチマキ、光の粉、食べ残し、ヤチェのみ、命の珠
呼ぶポケモン:エアームド、メタグロス、ハッサム、ナットレイ、ヤドラン、スイクン、ブルンゲル

149.gif
特性マルチスケイルにより一気に評価が上がったポケモンカイリュー。
種族値:91-134-95-100-100-80
今の環境でドラゴンタイプは雨や砂というSの速いポケモンに負けがちになります。
そのうちの雨パーティに対面上では有利に働くことができるポケモンがカイリューです。
多くのポケモンの強力な技を抜群だとしても1発耐えて強引に起点を作り無双することができます。
つまり簡単に言えばどのドラゴンにも対面上で勝てるポケモンがカイリュー。ということです。
そしてウルガモスやバシャーモに強いところも評価ポイントです。

メインウェポン:逆鱗、神速(物理型の場合。特殊なら流星群)
サブウェポン:炎のパンチ、地震、瓦割、ドラゴンダイブ、ストーンエッジ、大文字、暴風
補助技:竜の舞、電磁波、羽休め
アイテム:ラムのみ、拘りハチマキ、命の珠、ドラゴンジュエル、残べ飯し、拘りスカーフ
呼ぶポケモン:エアームド、メタグロス、ナットレイ、ヤドラン、カバルドン、ユキノオー、スイクン

230.gif
雨環境最強のエース。キングドラですね。
種族値:75-95-95-95-95-85
雨が降っていれば基本的に止められるポケモンが少ないというのが利点。
突破力は全ポケモンの中でもトップクラスでしょう。
このポケモンを使う事態は問題ないのですが、いかにして雨を残して戦うことができるか。
このポケモンは尽きると思います。
相手としても当然みた瞬間に意識してくる・対策してくるポケモンですね。
その補完を考えてパーティを作らないと使うのがなかなか難しいポケモンだと思います。

メインウェポン:流星群、ハイドロポンプ、(物理型なら逆鱗、滝登り)
サブウェポン:竜の波動、波乗り、冷凍ビーム、めざめるパワー炎、電気、熱湯
補助技:身代わり、雨乞い、金縛り、寝言、竜の舞、気合溜め、欠伸
アイテム:命の珠、拘り眼鏡、ラムのみ、残飯、ドラゴンor水ジュエル、ハバンのみ
呼ぶポケモン:ナットレイ、ボルトロス、フシギバナ、カイリュー、バンギラス、ユキノオー、エンペルト

今回はよく見るこの4匹にしてみました。
今後もやって行こうと思いますが…

なかなか量も多く大変ですね…
とりあえずまず一番強いとされるドラゴンタイプ。
それが終わったらそのドラゴン対策とされる鋼タイプや天候ポケモンなどを見ていきたいですね。
またその時の考えをばーっと書いているだけなのでおかしな点があったらお願いします。

では今回は以上です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パーティ:カバ単騎→パルウルガ
2012/01/25(Wed)
お久しぶりです。
今回もポケモンのネタがなく(汗)
最近の現状は一番始めに書いたガブキッス軸のパテをいじったのですが
結局スイクンをトリトドンにしてみたり
キノガッサをローブシンにしてみたのですが…
いかんせんこの2匹で止めていたポケモンがおおく出てくるようになり…
(バシャーモやパルシェンと言ったところ。主にスイクンですが…)
結論としてはあのパーティはあれ以上いじるのは無理だと判断しました。
その他もろもろで色々あったために下のパーティはあれで結論とさせていただきます。
申し訳ありません。

というわけで今回はあのパーティよりレートが高くなった自分のパーティの紹介で
記事ということにさせていただきます(といってもレート1785くらいでしたが…)

ポケモン持ち物技1技2技3技4
カバルドンオボンのみ地震ステルスロック欠伸吠える
パルシェン気合の襷つららばりハイドロポンプロックブラスト殻を破る
ウルガモスカゴのみ大文字虫のさざめき超の舞眠る
カイリューラムのみ逆鱗地震神速竜の舞
ハッサム拘り鉢巻バレットパンチ蜻蛉返り馬鹿力燕返し
トゲキッス拘りスカーフエアスラッシュ大文字寝言トリック    

メインとしてはカバルドンハッサムトゲキッスの3匹でダメージを与え
その後ろからカイリューパルシェンウルガモスの3匹で抜いて行くというパーティです。

きついポケモンはブルンゲルスイクンと言った水タイプの受けポケモン。
強引に突破できるようにウルガモスを眠る持ちにして対策しています。

調整等は次の記事でということにさせていただきます…
ネタがいきなり少なくなってしまっているのとモチベーションが低下しているのが原因です…

はやく勝てるパーティを構築してモチベーションをあげブログの更新速度をあげて行きたいのですが…
頑張りたいと思います。
今回は短いですが以上です。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【ストック用】下の下の記事の格付けの内容
2012/01/23(Mon)
詳しくは下の下の記事を参考にしてもらえると幸いです。

SSランクに今回はガブリアスを持ってきました。
なんだかんだでSも速く逆鱗による突破力は素晴らしいものを持っています。
一時期はエアームドやシュカグロス、雨パの増加により減る時期がありました。
しかしこのポケモンは大文字を持たせることによって十分対抗可能です。
現環境として雨はそこまで多くなく御大は襷さえ削っていれば十分にガブで行ける。
ということを考えればバンギラスに強いということがまず最強であるような気がします。
スカーフ襷鉢巻どれを持たせてもかなりのスペックが優秀です。

Sランクのラティボルトについてです。
なんだかんだで技も豊富スペックもかなり高め。
ラティオスは鋼タイプやバンギラッキーなどがいなければ後出しできません。
そして今はトリックを持たせてそれらにも対策されていますね。
ボルトロスはいたずらごころとS111は完全に反則物ですよね。
スカーフ以外のおおくのポケモンから蜻蛉ボルチェンで逃げられ、
最悪電磁波によるワンチャンも残すことができ雨対策としても優秀です。

Aランクに関してはAランクの中ではハッサムとカイリューは上に持ってきました。
ハッサムは多い割には意外と対策されないポケモンだったりします。
炎技を持っていないと剣舞バレットでおおくのポケモンが持っていかれたり。
タイプ相性を上回る先制技と剣舞、そしてそれをフォローする特性テクニシャン。
そしてなんといっても蜻蛉返り。やはりこのポケモンを厚めにみる必要はあると自分は思います。
次にカイリュー。やはりマルチスケイルという特性は素晴らしいですね。
竜舞で強引に突破もよし。鉢巻もよし。神速で誰よりも早く動けるというのも利点です。
そしておおくのポケモンが苦手なウルガモスやバシャーモ、雨パに対して対面上で強いのも評価できます。

その下のAランクにはバンギドラングドラブシンです。
バンギは上のボルト(気合玉なし)とラティをはじめとする特殊に強いところ。
グドラは突破力が半端ないですね。まあドロポン外したら意味がないんですが。
ブシンはパルシェンやドリュウズ、ハッサム、キノガッサなどに強く立ち回れる。
というところがかなり評価されているところです。
そして残りの1つがヒードランというのは意外でしょうか。
ヒードランは強いですがなかなか評価をされにくいポケモンです。
まず1つ目に鋼タイプに強い鋼タイプと言うところ。
そして次にウルガモスシャンデラなどの炎タイプの一部に強いところ。
毒を食らわないところ。御大ハッサムに強いところ…
などなどでしょうか。補完で入ってきやすく風船や挑発や毒まも残飯や眼鏡もちなど
バリエーションもおおいのも魅力的ですね。

Bランク以降は次回以降でもし書く機会があったら…
ということにさせていただきます。

余裕があればパーティ考察以外にもポケモンの単体考察もしてみたいですね。

では今回はこれにてお終いです。

この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【ストック用】雨パ
2012/01/20(Fri)
今回の記事は雨パになります。
ストック用と言うのは困った時にあらかじめ書いておいた記事のことです。

雨パと言えばトノグドラですよね。
そこを中心にどのように組めばうまくトノグドラが回しやすくなるのか?
ということを中心に考えて組んだパーティです。

今回のパーティはこのようになっています。

使用ポケモン持ち物技1技2技3技4
ニョロトノ拘りスカーフ熱湯 冷凍ビームめざめるパワー飛滅びの歌
キングドラ命の珠ハイドロポンプ 竜の波動流星群雨乞い
ナットレイ拘りハチマキジャイロボールパワーウィップ 種マシンガン地ならし
ローブシン火炎玉ドレインパンチマッハパンチ空元気しっぺ返し
ガブリアス気合の襷ダブルチョップ地震大文字ステルスロック
アグノムラムのみ大文字挑発ステルスロック

基本としてはガブリアスでステルスロック→トノで雨降らす→グドラ降臨。がベストです。
相手パーティのカバドリや御大、雨ミラーをナットレイとローブシンで圧力をかけています。
アグノムは相手のパーティ次第ですが挑発が刺さりそうならばアグノムを選出していきます。
ガブリアスのステルスロックは読まれにくく初手対面が有利になるとノーリスクでまくことができます。
例えば初手ラティガブ対面。
みなさんならばどうするでしょうか?
自分なら怖くてラティガブどちらでも襷じゃなければ突っ張りはできないですね。
この状態でガブがステロをまき後ろからハッサムなどが呼べればガブは地震や文字が打て有利になり、
ラティなどは天候にだけ気をつければグドラで対処できるのです。
トノは少しでもグドラの負担を減らすためにスカーフ。
グドラの雨乞いは最悪雨を自ら降らして立ち回りやすくするためです。
グドラは眼鏡よりも自ら雨を降らして行ったほうが立ち回りやすく相手のパーティ関係なく選出できます。
とはいえ雨パはまずグドラが技を外すというデメリットが大きく安定するパーティとは言えないです。
圧力をかけるのにはとても強い。ですがその圧力に関係なく裏返しで負ける可能性もあるのです。
いかにしてグドラの負担を減らし最後のグドラのお掃除の部分が軽くなるか。
これが雨パを使う上で一番大切なのだなあと感じました。

ちなみに自分はあまりにドロポン外されて勝ちを得られることが少なくパテ解体しました…

あまり実りのない記事ですが以上です。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポケモン格付け(最新版)
2012/01/17(Tue)
今回はもうあまりネタがないので格付けでもしようかなと思います。

ルールはいつも通りです。

Sが3匹Aが6匹Bが10匹Cは気まぐれ。
とさせていただきランク付けをして行こうかなと。

ちなみに前回おおよそ2か月前のランク付けがこんな感じでした。
http://ameblo.jp/ykykk-haruharuhissori/entry-11090275144.html

では今回もやって行こうと思います。(完全に自分の思考なので一致しない点が多々存在します)
Sランクから行きましょう。

SSランク
445.gif
Sランク
381.gif642.gif
A+ランク
212f.gif     149.gif
Aランク
248.gif 485.gif   230.gif 534.gif
B+ランク
637.gif639.gif 460f.gif
Bランク
 186f.gif   530.gif 245.gif 472.gif
B-ランク
598.gif 373.gif 450.gif
Cランク
376.gif645.gif145.gif479-wash.gif 286.gif
468.gif  080.gif   257.gif    242.gif  227.gif
121.gif   113.gif  593.gif  091.gif380.gif 

こんな感じでしょうか。最近はなんと言ってもガブリアスという感じです。

とりあえずこの詳細は次回のネタとしてとっておこうと思います。

でわでわ。

この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バトルビデオ
2012/01/15(Sun)
モチベーションがあるうちにできるだけ更新していこうと思います。
今日は大会に出させていただきました。
名前等は伏せさせていただきますがそのことについて。


結果としては1回戦敗退でした。
とはいえ完全に負けというわけでもなくパーティとして苦手な水ロトムやボルトロスはいませんでした。

その中で勝てなかったというのはレーティングバトルを通してもなかなかなかった出来事なので…
結構堪えました。

というわけで今回はそちらの方の紹介をさせていただきます。

BV:58-25016-72660

こちらのパーティ
381.gif212f.gif 245.gif  286.gif 445.gif 468.gif

相手のパーティ
248.gif645.gif 598.gif 392.gif 080.gif 145.gif

このような対面となりました。
相手はバンギランドと呼ばれるバンギの砂の恩恵をスカーフランドで受け高火力で押すパーティです。

さてこの対面からまず自分は相手のポケモンの持ち物、選出を考えて行きます。
できるならばバトルビデオも見ながらだと分かりやすくなると思います。

ランドロスはスカーフ。ヤドランはゴツゴツメット。ここまでは確定でいいでしょう。
相手のパーティはバンギランドから雨補完のためにナットレイ。
その場合格闘タイプが重くなることを考えてサンダーとヤドラン。
そしてラキグライムドーなどの受けループ対策にゴウカザル。という構成なのではないでしょうか。
そう考えるとゴウカザルはおそらく珠か風船。ナットレイは残飯かヨプ。サンダーはラムか眼鏡。
という考えになります。
バンギラスだけに関してはわかりませんし普段もあまり考えません。
このポケモンが持てるアイテムは拘りや回復アイテム半減実とおおくの範囲で存在するポケモンだからです。

では選出のほうを考えて行きましょう。
こちらとしては見た瞬間にランドロスは確定で考えています。
トゲキッスやラティオスを考えると出さざるを得ないからです。
次にその後ろを考えて行きましょう。
ランドロスが出てくると考えた場合、後ろにはそのランドロスがつらいポケモン
例えば蜻蛉返りで逃げた後にラティオスやスイクン、ハッサムを受けられるポケモン。
そう考えるとサンダーが後ろ2匹には相性がいいでしょう。
このパーティにゴウカザルやヤドランが出てくるとはあまり思えません。
ともにラティキッススイクンに対して有効手段がないためです。
ヤドランはガブ、サルはハッサムガッサにのみの有効打しかないと思われるため
それはサンダー1匹で事足りラスト1匹をラティ受けとしてバンギかナットレイを入れれば相手は間に合うと思います。
今回は自分は砂の恩恵のことも考えランドロス、サンダー、バンギラスの選出と考えました。

ではここからこちらの選出を考えて行きましょう。
ランドロスに対してはこのパーティ自体が重いので3匹をうまく回しながら対処していきます。
砂で来るということを考えてこちらはガブリアスの選出は確定としました。
ガブリアス1匹ではサンダーランドロスに対して回り切れるとは考えにくいため
サンダー用の補完としてラティオス、そしてランドロスへ最後の打点が持て、
かつバンギナットに対して有利に立ち回れるハッサム。
この選出がベストと考えました。
その中で初手については自分はいつも役割が大きいポケモンは後ろに残すような選出をします。
それはもちろん大事なポケモンがはじめの方でいなくなってしまうと何もできなくなるからです。
この中で一番役割が少ないのはサンダーを見ることのみと言うラティオス。
最悪サンダーはガブリアスでもどうにかなるために今回はラティオスが初手に。

というわけでこちらはラティオス、ハッサム、ガブリアスという選出をしました。

ではバトルビデオに合わせながら解説をしていきましょう。

1ターン目
こちらはラティオス。相手は予想通りランドロス。
相手は十中八九蜻蛉返り。
後ろにはバンギラスがいるでしょうがここはダメージを与えたいために流星群。

相手 :蜻蛉返り(スカーフ確定)7割ダメージ→ナットレイ
こちら:流星群3割程度→ナットレイ残飯回復

この時点でバンギラスはいないことが判明しました。
こちらとしてはラティオスがまだ動くことができ十分問題ない展開。
ガブに文字があり、ハッサムならば勝つことができるためこちらとしてはおいしい状態。

2ターン目
こちら:ラティオス→ハッサム
相手 :電磁波

電磁波は珍しいですね。ここでガブが出せたらおいしかったですが…
襷を失いたくないためにここはガブを温存。

3ターン目
相手 :ナットレイ→サンダー
こちら:剣の舞

ここはミスですね。サンダーと思っていながらオッカ等を考え剣舞しましたが…
蜻蛉返りが一番安定だった気がします。

4ターン目
相手 :熱風→オッカで半減6割強
こちら:蜻蛉返り4割ダメージ→ラティオス

5ターン目
こちら:流星群→サンダーダウン。

ここはナットレイかと思いましたがサンダーが突っ張りましたね。

6ターン目
ナットレイ繰り出す
こちら:流星群2割ダメージ
相手 :宿り木の種→回復

こちらとしてはラティオスはもうナットレイランドロスに役割を持てず役割を果たしたため、
捨てる方向で動いています。

7ターン目
相手 :ナットレイ→ランドロス
こちら:流星群4割ダメージ→宿り木で回復

ここで交代はおそらくハッサム読みでしょうか?ここでランドロスにダメージが入ったのはおいしいですね。

8ターン目
相手 :蜻蛉返り→ラティオスダウン→ナットレイ

ここから面倒なゲームが始まります。

9ターン目
ハッサム繰りだす
相手 :宿り木
こちら:麻痺

10ターン目
相手 :身代わり
こちら:羽休め

11ターン目
相手 :パワーウィップ
こちら:羽休め

12ターン目
相手: ナットレイ→ランドロス
こちら:剣の舞

13ターン目
相手 :ランドロス→ナットレイ
こちら:バレットパンチ2割強ダメージ→鉄の棘+宿り木

14ターン目
相手 :身代わり
こちら:羽休め

15ターン目
相手 :パワーウィップ
こちら:剣の舞

16ターン目
こちら:バレットパンチ
相手 :パワーウィップ

17ターン目
相手 :身代わり
こちら:羽休め

このあたりまではハッサムナットレイが突破できると考えていましたが…
身代わり+麻痺+宿り木というのはとてもつらい状況でした。
守るではなく身代わりというのがとても厳しいもので羽休めしながらでは
相手にダメージを与えても回復が間に合ってしまうということが事実として表れてしまいました。

18ターン目
こちら:バレットパンチ
相手 :パワーウィップ

ここでハッサムによるナットレイの突破をあきらめガブリアスの大文字圏内まで持っていく方向にスイッチ。
おそらく逆鱗でランドロスが落ち、あわよくばハッサムを残し立ち回れるようにしました。

19ターン目
こちら:バレットパンチ2割強+鉄の棘でダメージ
相手 :身代わり

20ターン目
こちら:バレットパンチ
相手 :パワーウィップ

21ターン目
相手 :パワーウィップ
こちら:蜻蛉返り相手赤ゲージ→鉄の棘でハッサムダウン→ガブリアス

ハッサムはよく仕事をしたと思います。ここまでしびれずに動いてくれたのですからね…

22ターン目
こちら:大文字→ナットレイダウン

23ターン目
相手 :地震7割ダメージ
こちら:逆鱗ぎりぎり赤ゲージで相手耐える

結果としてここで完全にミスをしていました。
相手のランドロスが宿り木で回復していることを完全に失念していました。
これによりランドロスは逆鱗を確実に耐え地震2発でこちらの負けとなります。

24ターン目
地震でガブリアスダウン。

という試合でした。

分かりにくいという方は申し訳ありません。
敗因としては完全に後手後手に回ってしまったこととハッサムガブリアスに頼り過ぎていたところ。
身代わりナットレイに完全に仕事をさせてしまったところ。
でしょうか。バンギランドに目がいきすぎていてナットレイをハッサムガブで突破できるだろうというのが甘かったです。

今回はなかなか面白い試合でしたのでこのようにさせていただきました。
ぜひバトルビデオを見ながら眺めてみてください。

以上で今日の記事をお終いにします。

ありがとうございました。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パテ考察
2012/01/14(Sat)
というわけでさっそく書かせていただきます。

基本事項として
シングル6→3。50フラット。準伝600族制限なし。シューターなし。複数催眠あり。
のルールによるパーティ考察とさせていただきます。

あらかじめレーティングバトルや上のルールの大会に合わせてパーティを考えていく。

ということを御理解いただいたうえでご覧下さい。

今回使用しているパーティはこちらとなっています。

使用ポケモン持ち物技1技2技3       技4
ラティオス拘り眼鏡流星群サイコキネシス竜の波動波乗り
ハッサムオッカのみバレットパンチ蜻蛉返り剣の舞羽休め
スイクン残飯熱湯瞑想身代わり守る
キノガッサ毒毒玉ローキック種爆弾キノコの胞子身代わり
ガブリアス気合の襷逆鱗地震大文字ドラゴンダイブ
トゲキッス拘りスカーフエアスラッシュ大文字トリック寝言

今回のパーティではレーティングで最高1770くらいまで行くことができました。

パーティとしては今の環境で一番多いであろうラティハッサムを使っています。


それぞれのポケモンに対してさらに詳細な説明を加えて行こうと思います。

381.gif  
155-x-100-182-131-178

現環境で一番多いと言われるであろうラティオス。
逆を返せば一番対策しなければいけないポケモンとも言うことができます。
このパーティの役割としてはキッスガブスイクンにより呼ばれる電気タイプへの圧力が一番です。
主に水ロトム、サンダーを中心に格闘タイプなどにも対応していくことがメインの動きとなります。
選出率はおおよそ3試合に1回程度。やはり流星群の威力は凄まじいですね。

212f.gif 
177-165-133-x-120-85

そのラティオスの補完としてパートナーを組んでいるハッサム。
私事ですがハッサムは鋼枠では第4世代からずっと自分は一番お気に入りでした。
役割としては一番は蜻蛉返りによるサポート。
そして竜技ユキノオーに対しての後出し性能。
ハッサムの素晴らしいところは蜻蛉返り+羽休めというところにあると思っています。
何度でも出せるサポートポケモンは使いやすいですからね。
ただ自分としては特殊に出すことを考慮して慎重HDメインで回した方が使いやすそうな気がしますね。
調整は机上論ハッサムのもの。残飯込みの調整となっていますが・・・
ガブリアスの地震とラティオスの流星群を高乱数で2発耐える調整となっています。
選出率は3試合で1.5~2試合程度。やはり役割が大きい分選出率も高めです。

245.gif 
205-x-136-111-137-150

瞑想ノイクンです。H205は固定ダメ対策。そしてB<Dなのはダウンロード対策。
主にブルンゲル、パルシェンなどの水タイプ、砂パへの対策がメインです。
ただみがまも残飯型のつらいところは砂霰で役割が半分ほどなくなってしまうところ。
またはじめのうちはなかなか使いにくく何もできずにいなくなってしまうことも多々ありました。
自分はあまり使い方がうまくないのでこのあたりは上手い方の回し方を参考にしてみたいです。
選出率は・・・10試合に1回あれば・・・くらいでしょうか・・・見せポケとなってしまっています;;

   286.gif 
153-151-103-x-92-134

一時期増えるキノガッサ。複数催眠ありの環境だと対策は必須だと思います。
H153は4n+1、8n+1、天候ダメージを考えて一番安定する数字です。
役割としては一番大きいところは砂パ雨パに対して圧力がかけられるところ。
これに尽きると思います。これがあるからガッサが多いのではないでしょうかと思います。
まあもちろんスペックもかなり高いのもあるんでしょうが・・・
選出率は全く高くありません。スイクンとイコールくらいとなります。

  445.gif 

184-182-115-x-105-169

最強ポケモンガブリアス。自分はそう思っています。
なんといっても砂があればすべてにおいて勝つ可能性が残るポケモン。ですが・・・
今回は砂は意識していても電磁波砂パではありませんので。
やはり抜き性能はとても高いですね。そしてタイプ一致で100,120技が打てる。
大文字はエアームドハッサムなどの鋼対策に入れています。
今の環境を考えると拘りよりも広く範囲を持てるガブリアスのほうが使いやすいです。
ラティオスがバンギラスなどを呼ぶのでその補完としてガブリアスがよく入ります。
タイプは同じでも役割は全く違うので電気や砂に対して圧力をかけることができます。
また自分がドラゴンダイブを採用しているのは逆鱗地震の選択になり不利な場合があります。
その際に命中を除いて確実に相手にダメージが与えられるドラゴンダイブを採用しています。
正直もう少しダイブの評価は高くていいと自分は思っています。
選出率は95%位でしょうか。ほとんど選出していました。それくらい使いやすかったです。

468.gif 
191-x-116-141-136-145

鬼畜ポケモン白い悪魔。ですっけ。
今の環境ではトゲキッスは少ないですよね。少ない理由がわからないんですが・・・
今Sが早ければ基本的に有利になると言われている時代なんです。
それならばエアスラキッスはかなりの役割が持てる環境にいるのではないでしょうか。
実際かなり刺さっていました。そして最後まで勝ちの可能性があるというのが強いですよね。
役割は上からたたくこと。そして催眠対策とカバルドンなどを縛るトリック。
この二つが主な役割です。まあエアスラしか基本的に打ちませんけどね。
選出率は80%位です。やっぱりそれだけ今は使いやすいということでしょう。


以上で詳細な説明は終わります。
基本的にはトゲキッスとガブリアスが上からたたいて行くというのが基本です。
水ロトムやバンギラスを呼ぶのでその補完としてガブリアスやラティオスハッサムを入れて行きます。
まあ基本エアスラと逆鱗してれば勝てるっていうときもあります。
苦手なポケモンは一番はボルトロス。
全くと言っていいほど対処のしようがありません。
ここが現在一番の課題なのでキッスガブを軸にパーティの構成を変えて行こうかと考えています。
そしてバンギラス。ラティキッスが使いにくくなりこちらがガブを選出せざるを得なくなります。
このあたりをメインにカイリューやヒードランなどもなかなか厳しいですね。

とりあえずトゲキッスというポケモンはもっともっと評価されていいのではないでしょうか。
それは感じています。

結局シンプルにと言って全くシンプルじゃありませんね;;
次回以降気をつけます。

次回ではこのパーティの次。つまりボルトロスを対策しつつ上手く回せるパーティを考察しようと思います。

では今回はこのあたりで。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はじめまして
2012/01/14(Sat)
これから「真面目」にポケモンの考察をして行こうと考えていますのでよろしくお願いします。

できるだけわかりやすく。

そしてできるだけシンプルに。

誰にでも納得できるような。

そんなパーティ考察をしていきたいと思っています。

もし見てくれる方がいらっしゃるならよろしくお願いします。
この記事のURL | 戯言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。