2012 02 << 03- 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2012 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【ストック用】下の記事のタイプ分け
2012/03/27(Tue)
では少しまとめるところから始めましょう。
バーっと出されるだけでも何とも…という感じになるでしょうから。
まずは役割別に分け振って行こうと思います。あくまでも大きくですが。
すべてが一緒では当然ありません。それも気が向いたら少しずつ触れていくと思います。

① 天候恩恵型
ニョロボン ナッシー オムスター カブトプス ルンパッパ ドレディア メブキジカ

② スピード型
サンダース プテラ クロバット ジュカイン オオスバメ サメハダー ゴウカザル
エテボース マニューラ メガヤンマ

③ 超火力型(特性含む)
ニドクイン ニドキング マリルリ ヘラクロス ムクホーク ポリゴンZ ドサイドン 
ダゲキ ヒヒダルマ アーケオス シュバルゴ オノノクス

④ 特性による利点を得ているポケモン
ピクシー カイリキー ランターン ヌオー エーフィ ソーナンス ヌケニン
トリトドン ドータクン エルフーン デスカーン アバゴーラ ゾロアーク ランクルス

⑤ タイプが優秀なポケモン(後出ししやすいポケモンなど)
フシギバナ ドククラゲ ラグラージ エンペルト ミカルゲ ジバコイル 

⑥ 単純に種族値が優秀なポケモン(バランス的に高めor突出して高いところがある)
ウインディ シャワーズ カビゴン エムリット 

⑦ 技が豊富、いやらしいポケモン
サーナイト サマヨール ヨノワール エルレイド ジャローダ ズルズキン モロバレル

こんな感じで分けました。
これらの中身を次回からちょっとずつ触れて行こうかななんて…

更新遅くなって申し訳ありません。
なるたけ頑張ります。
スポンサーサイト
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【ストック用】現環境で注意すべきポケモン
2012/03/13(Tue)
ふとたまに見ると嫌なポケモンっていますよね。
そのあたりを調べて行こうかなと思いチェックするだけの記事です。
003.gif031.gif034.gif059.gif036.gif062.gif
068.gif073.gif103.gif134.gif135.gif139.gif141.gif
142.gif143.gif169.gif171.gif184.gif195.gif
196.gif202f.gif214f.gif254.gif260.gif272f.gif277.gif
282.gif292.gif319.gif356.gif392.gif395.gif
398f.gif423.gif424f.gif437.gif442.gif461f.gif462.gif
469.gif464f.gif474.gif475.gif477.gif481.gif
497.gif539.gif547.gif549.gif555.gif560.gif
563.gif565.gif567.gif571.gif579.gif
586-summer.gif589.gif591.gif612.gif

とりあえずこの辺りですね。
詳しくは一言ずつ次回ということで。
少なくするつもりがこいつだるいと言ってチェックして言ったらこんな数になりました。
すみません^^;

これについての詳細は後日の予定ですが…
かなり先になると思います。
これから数日自分の方で用事があるために…
でも第1世代から1つずつやって行こうかなと思ってます。
よろしくお願いします。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【ストック用】バンギラス
2012/03/09(Fri)
今の環境で第一線で活躍し「続け」ているバンギラス。

あくまでも続けていることが重要なんです。
このポケモンがなぜここまで使われ続けているのか。その理由は何なのか。
自分はあまり使いません。だからこそよく考えてしまいます。
このポケモンのすごいところというのは
ハッサムやウルガモスなどとは違いダブルでもトリプルでもどんなところでも見ます。

このポケモンの良いところは何なのか?
そんなことをふと考えてみました。
まあ気まぐれなことですねwww

248.gif
種族値:100-134-110-95-100(砂環境でおおよそ160)-61 600(660)

正直な話おかしいです。なぜならば、もともと600族による高種族値。
それにもかかわらず砂環境ではDが1,5倍にもなりさらに強くなります。

皆さんはどうでもいいと思うかもしれませんが少しバンギラスについてしゃべらせてください。

このポケモンはBW当初は電磁波砂パというのが流行し、その砂まき要因として使用されました。
その時のバンギラスと言えば電磁波をとりあえず打てというもの。
バンギラスの「砂」というものに注目されており、スペックは悪く言えば「おまけ」でした。
当初この電磁波砂でわかるように、バンギラスのそばには常に「ガブリアス」がいました。
自分は今でもこの考えがあまり抜けません。
自分がバンギラスを出すことによって相手のガブリアスに勝ち筋を与えてしまう。
というのがどうしても自分の中で納得できないのです。

しかしその後このバンギラスはあるポケモンのおかげで単体での性能の評価が上がります。
それは「ラティオス」です。
ラティオスの眼鏡流星群が受けられない。またラティハッサムなどでわかるように
くるくる回されてしまい上手く立ち回ることができない。というのがありました。
そこから出てきたバンギラスがHD慎重追い打ちバンギラス。
砂環境でのDを最大限まで持っていき、そのDは167の1,5倍の250にものぼります。
これにより後出し、初手対面から確実にラティオスを狩ることができ
相手のサイクル崩壊を狙えるようになりました。
そこで有名になったのが「バンギムドー」というものです。
バンギラスはどうしてもガブリアスなどの物理アタッカーに弱い。
そこを補うことができるのがガブリアスストッパーとして使われたエアームドでした。
これは一時期かなり増えており、ステロ+砂などで削り相手を落としていくようになりました。

つまりこれはどういうことかというと。
自分でもまとめるのが難しいのですが以前はガブリアスのためのお供としていたバンギラスが
今ではバンギラスのほうがむしろ増えてしまっている。
それだけバンギラスの需要は高まっているということですね。

自分なりの結論は最後に書くとしてここからメリットデメリットについて触れて行きます。

【メリット】
・もともとの種族値 言わずもがな
・砂下における特殊技受けの役割遂行 上で話した通りです
・砂展開による天候変化→雨や霰晴れに対しての縛り
・砂による定数ダメージ。いくら16分の1とはいえ相手を削って行くことはでかいと思っています。
・他のポケモンとの相性の良さ→バンギガブ、バンギローブ、バンギムドー、バンドリetc...
・呼ぶポケモンが分かりやすいのでそのフォローがしやすい。
例としてガブローブテラキグロスあたりを呼ぶので後ろにラティやスイクンなどが入れやすくなります。
・型の多さ これがバンギラスの一番すごいところです
まず物理型 特殊型 両刀 まずこれだけでも正直すごいです。がここからさらに分岐します。
アイテムで見て行きましょう。
①オボンのみ  HDでの受けの際のアイテム
②残飯     上と同じですが毒まもなどでターン数を稼ぐ場合
③悪のジュエル 追い打ちの威力あげ
④拘りスカーフ カイリューガブハッサムなどの苦手なポケモンへ意表をつける。
⑤拘り鉢巻   威力あげ、後出し受けポケモンへのダメージ。
⑥気合の襷   電磁波砂や、竜舞バンギなどはこのアイテム。
⑦ヨプのみ   不一致格闘を耐え反撃できるように。
⑧黒い鉄球   投げつける型。
⑨達人の帯   フルアタで特殊や両刀の際の威力増大。
⑩拘り眼鏡   特殊での後ろへのプレッシャー。

主にこのあたりが存在しているのではないでしょうか。
他にもラムやシュカなども全然ありだと自分は考えているので相当幅が広いです。
つまり相手にとってはどのような方のバンギラスなのかわからないというのが利点です。
例えばメタグロスならシュカかラムか鉢巻、ハッサムならオッカか珠か鉢巻。
というように他のポケモンは多くても5種類程度なのではないかと思います。
それを考えるといかにこのポケモンの汎用性が高いかがうかがえます。

他にもあるのではないかと思いますがこのあたりにしてデメリットをあげて行きます。

【デメリット】
・ガブリアスに対して勝ち筋を作らせてしまう。とにかくこれが一番嫌いです自分は。
・キノガッサ、ローブシンあたりに対して起点になってしまう。これは選出次第でありえます。
・天候の取り合いになってしまった場合。チェンジが増えてしまい過労死。
これは交換読みなどが苦手な人にとってはつらいところ。いくら耐久があると言ってもです。
・Sが遅いため急所、怯み等の事故で役割が持てなくなる。
これは自分だけかもしれませんがSが遅いために先に攻撃され何もできなくなってしまうのが苦手です。
・味方ポケモンに対しての砂ダメージ。これはもう仕方ないことですが。

という感じでしょうか。今ぱっとあげてみようかなと思ったのですが。
自分がバンギラスがいやな理由は1番目と3番目と4番目ですね。
ガブリアスが生きやすい環境はいやですし。
そして雨パなどで相性悪いのにそれに対してバンギを投げなければならなくなったり。

とはいえ今の環境でラティオスボルトロスサンダーなどに対して強いのはさすがです。
ただし好き嫌いが分かれるポケモンだとも思っています。
しかしこのポケモンはこれからも生き続けるポケモンだと思います。
正直これ以外にも使うのが苦手な理由があるのですがそれは自分個人のものなので省略。

こんな感じで今回は失礼します。
この記事のURL | ポケモン | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パーティの調整。(軽く修正)
2012/03/06(Tue)
ではパーティの調整などのほうをやって行きたいと思います。
と言っても大した配分はしてませんけどねʅ(‾◡◝)ʃ

149.gif

このパーティの物理アタッカーのカイリュー。
鉢巻持ちカイリューを中心にパーティを組んでいこうと思いました。

意地っ張り@鉢巻
逆鱗 炎のパンチ 神速 ドラゴンダイブ
実値:185-198-118-x-121-117

ドラゴンダイブ採用の理由は特になかったのですが昔も書いた通り安定行動のため。
逆鱗ロックされずにタイプ一致技が打ちたいということで採用しました。
炎のパンチはハッサムナットレイ用。逆鱗神速は言わずもがな。
調整は鉢巻カイリューで検索してください^^;それよりもSが1だけ速いです。
選出率は6割から7割。雨バシャウルガあたりに強く、
神速である程度持っていける、そして、特殊受けポケモンを吹っ飛ばすために選出しています。
やはりマルチスケイルという特性は反則並みに強いですね。

186f.gif

天候変化として今回採用したポケモンニョロトノ。
バンギ御大ではカイリューに対して天候ダメージで役割がなくなってしまうということを考慮しました。

図太い@残飯
波乗り 冷凍ビーム 守る 毒々
実値:193-x-139-111-121-95

調整は残飯用に16n+1調整。Sは主な無振り70族抜き意識。ある程度のバンギあたりは抜きたいなと。
残りBに多めに振り、CDにあまり4です。
一番の役割はバンギラスの天候を持っていくことでした。
後出しで雨にしたいためにBに厚めに振ることにより役割を持てるように。
物理受けとしてパルシェンやドリュウズなどに対しても役割を与えています。
やはり雨による恩恵を受けた波乗りはいいですね。無振りなのにある程度持っていけます。
選出率は3,4割くらい。あまり高いとは言えませんが役割は果たしていると思います。

598.gif

次に採用したのが雨を中心にドラゴン水タイプに対して受け性能があるナットレイです。
厄介なスイクンには必ず勝てるように眠るカゴ鈍いナットレイにしました。

生意気@カゴのみ
ジャイロボール タネマシンガン 鈍い 眠る
実値:181-122-162-x-165-22

Hにぶっぱし、Dが珠ラティオスのめざ炎を堪えるようにしてテラキやガッサをジャイロで1発。
残りをBに振りSは最遅にしました。
ドラゴン水受けとして優秀で雨が重いと思ったらとりあえず入れておけばというポケモンですね。
鈍いを打つ機会はほとんどないですがそれでも確実にジャイロで相手にダメージを与えてくれます。
後出し性能も高く眠るで複数回可能なのも使いやすいです。
選出率は5割程度。ラティオスなどがいたらきついのでできるだけ入れるようにしています。
ラティバンギあたりに強く出れるのがとてもよくまた、
このポケモンでバシャーモなどを呼ぶことができかつそこをラティカイリューでたたくことができ、
相性がとてもいいです。

479-wash.gif

ナットレイで突破が難しいギャラドスやブルンゲルと言ったところに打点のある水ロトム。
そしてなおかつ多くのパルシェンやドリュウズを受けられると言ったところも採用理由です。

図太い@オボンのみ
10万 ボルチェン ドロポン めざ炎
実値:157-x-150-134-133-114(ただし個体値は31-x-31-30-31-30)

調整としてまず考えたのはCとSです。Cはドロポンでカバルドンをオボン込みでも確定2発のライン。
Sは無補正252振りバンギラス抜き(いないと思いますが)。つまりは控え目ユキノオー抜きです。
このあたりまで振ればドロポン→めざ炎である程度ユキノオーの後出し性能を奪えます。
次にBはテラキオンのインファをオボン込み2耐え。残りをDに振りました。
このあたりである程度は1回は受けられるのではないでしょうか。と思います。
選出率は6割から7割くらい。やはりかゆい所に手が届くような技構成なのでよく選びます。
ちなみに多くのパルシェンやドリュウズというのは
めざ草珠パルシェンやドロポン外しや雪崩ひるみでドリに負けるということがあるからです。

381.gif

ここで補完としてラティオスが入りました。理由は格闘が見たいということです。
またボルトロスなども面倒だったのでスカーフを持たせて先に行動できるようにしました。

臆病@スカーフ
流星 雷 サイキネ トリック
実値:155-x-100-182-131-178

調整はなにもありませんね。ちなみに残りをDに振ったのは特に理由はないです。
ニョロトノがいるということとブルンゲルあたりは面倒なので雷を採用。
格闘タイプに対して確実に優位に立つため残りのウェポンをサイキネにしました。
水タイプが2匹おり波乗りの必要もなくこのスペースは竜波動草結びあたりから悩んで選びました。
残りはトリックですね。これはもう輝石ポケなどへの対策です。
選出率は3~4割くらいですね2試合に1回は出していない気がします。

485.gif

最後のポケモンはヒードラン。これはもう言わずもわかるとおりこのパーティで面倒な
ハッサムやユキノオー、シャンデラやウルガモスと言ったあたりへの役割遂行です。

臆病@風船
文字 竜波動 毒々 寝言
実値:191-x-128-154-129-141

正直ヒードランの技構成、持ち物、調整はかなり苦労しました。というか思いつきませんでした。
5V個体なのでドラゴンへの遂行技として竜波動。
そしてこのパーティはキノガッサがつらかったので寝言を採用。
あと一つの技は今は毒々となっていますが。一応ラッキーなどへの打点。
ですが、正直挑発などにしても問題ない気はします。難しいですね…
調整はHが16n-1調整、Cが11n、Sをぶっぱ、BDは残りを振り分け。
D>Bなのはダウンロード対策です。一応。
選出率はラティオスと同じくらいかそれ以下。見せポケとしてのほうが多いですね。
風船ですが正直半減実やジュエルなどでもいい気はします。

こんな感じでしょうか。

分かりにくくてすみません。
とりあえずすべてのポケモンで苦手なポケモンをできるだけ補完してパーティを組みました。
氷が苦手なのをヒードランやロトムトノで受け、
水技ドラゴン技をナットレイで受け、
電気炎技をドラゴン2匹で受け、というようにくるくる回していけるようにしています。
そして砂パに対してニョロトノの雨で天候変化で対抗もしています。
まあそれでもどこかしらに穴が出るのが今のポケモン環境なのですが…


このパーティの弱点は一番はSが遅めなところ。
この前グライオンのギロチンでナットレイとニョロトノが持っていかれました…
結局それは仕方ないところで…
Sを速いパーティにするとそれ以上速いバシャドリグドラにやられてしまうので…
このパーティはこれから動かすところがなかなか見つからないですね。
ドランを少しいじるのと…他に変えられそうなのはニョロトノですかね…

またこのパーティの選出パターンはそんなに決まっていません。
割とそういうのは自分の中では珍しいんですが。
初手は主にカイリュー水ロトムラティオスあたりから。
バンギが相手にいたらラティは無理ですし、相手にラティがいたらロトムが無理。
というようにしていきわりと消去法で初手を選んでいます。

大会やレートであった選出パターンは。
カイリュー+ナットレイ+ヒードラン(ドラゴンが相手に2体いたりハッサムなどがいる場合)
ラティオス+カイリュー+水ロトム(相手に鋼が少ない場合)
水ロトム+ニョロトノ+ラティオスorカイリュー(相手のバンギなど砂パを見たい場合)
水ロトム+カイリュー+ナットレイ(ある程度バランスがいいパーティの場合
                ↑広く薄く対応しないといけない場合=こちらが苦しい;;)
ラティオス+水ロトム+ヒードラン(このパーティの苦手なパルシェンやキノガッサがいる場合)

だいたいこんなもんじゃないかと思います。
いかにロトムやカイリューあたりが大変かよくわかりますね。
そしてニョロトノが少なく見えますがそんなことなく、バンギが多いため選出はしています。

もう少し頑張って考えてみようとは思います。
以上で終わりとなります。
長文失礼いたしました。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【ストック用】新パーティ。
2012/03/03(Sat)
お久しぶりです。ようやく新パーティの構築が終わりレート環境に潜れるようになったので報告と解説を。

パーティはこんな感じです。

  149.gif  186f.gif   598.gif
381.gif479-wash.gif485.gif

ポケモンアイテム技1技2技3技4
カイリュー拘り鉢巻逆鱗炎のパンチ神速ドラゴンダイブ
ニョロトノ残飯波乗り冷凍ビーム毒々守る
ナットレイカゴのみタネマシンガンジャイロボール眠る鈍い
ラティオス拘りスカーフ流星群サイコキネシストリック
水ロトムオボンのみハイドロポンプ10万ボルトボルトチェンジめざめるパワー炎
ヒードラン  風船大文字竜の波動寝言毒々


今までの自分と一番違う点は前の記事で書いてある使えないと言っていた水ロトムを使っていること。
でしょうか。結局補完として今回は使用することにしました。
できるだけSの速いポケモンを抑えつつ上手く相手の選出を縛っていく。
そしてそれに対して、こちらがそれを読んで立ち回れるようにする。
ということを考えてパーティを組みました。

カイリューは今回は鉢巻で使用しこのパーティは特殊が多めなのでできるだけ圧力をかけてもらいます。

また天候ポケモンでニョロトノを起用。物理受けとしておきバンギに対して後出し性能を持たせ、
毒まもで耐久ポケモンも見ていけるようにしました。また火炎玉ブシンなどにも勝てます。
雨波乗りで6割持っていくことができるためやはり天候を持っていけるというのは優秀だと感じました。

ナットレイは雨と竜受けをメインに。またスイクンやユキノオーがきつめなので採用しました。
鋼タイプというところで今回採用しました。

この場合技の範囲が広くSがはやいボルトロスやスカーフランドロスなどが厳しいと感じたために、
格闘も厳しくそれよりも早く行動できるようにスカーフラティオスを採用。

ウルガモスやシャンデラに対しての炎タイプへの(格闘なしポケモン)役割遂行でヒードラン。
一番の目的はユキノオーハッサムストッパーですが。
また寝言採用でキノガッサにも対抗できるようにしました。ガッサ重すぎるので…
毒々が一応スペースには入っていますが挑発でも構わないと思います。

この時に砂が厳しいと感じたためにはじめはグライオンを採用しました。
その場合ガブリアスドリュウズキノガッサというあたりに強く出ることができるのですが…
パルシェンユキノオーに対して全く太刀打ちできないパーティとなってしまいます。
なのでそこに水ロトムを入れて補完を図りました。
ユキノオーは変わらず重いのでめざ炎仕様。鬼火などがあってもいいかなとは思ったのですが。
結局立ち回りやすさ威力等をすべて考慮した結果結局フルアタになりました。

きついポケモンは主に現環境で多いポケモンを意識して作ったので…
意外とその下のポケモン、例えばランクルスズルズキン輝石ポケなどはきついですね。
他にはやはり格闘ポケモンを呼ぶというのはあります。
キノガッサやユキノオーパルシェン、カバルドンなどはなかなか面倒です。
(ただしガッサが出てきたことがありません。なんででしょうか。
ラティカイリュードランがいやなんだとは思いますが…起点作られれば負けそうですよね。)

このパーティはSが遅かったり相性補完がされているということがあります。
なので初手で相性が悪くなってしまったり(初手ラティバンギ対面、カイリュー御大対面など)
選出読みが失敗すると勝てません。
なかなか難しいですが、使い勝手は悪くない気がします。

調整は次の記事でさらしたいと思います。
まあ大した調整もなにもありませんがね…
技構成の理由などもそこで含めて。

あとなぜか10人規模(笑)の大会で優勝しました。
ただし急所だったりこおり引いて勝ったのでまだまだ回してみないと強くなれませんね。
レートは現在まだ1729です。
一応1620くらいからここまであげはしましたが…
それでもしっかりとしたパーティに勝てている気はしません。
もっとうまく回せるようにパーティと技構成持ち物などを相談して行こうと思います。

では今回は以上で…
更新が遅くてもし見ている方がいたら本当にすみませんでした。
頑張ってやりたいと思います。
この記事のURL | ポケモン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。